成人式も、一つの儀式なのよね。

>

世の中の礼儀

自分のための成人式

成人式に、何をしていたのか、なんて一生、覚えていることではないでしょうか。
成人式に参列したのかどうかも含め、参加した時の服装はどうだったかなんてね。
私の場合は、姉からのお下がりでもある振袖を着て成人式に参加しました。友達は、結婚していたのですが、振袖を着て参加しました。当時、振袖は、未婚の人が着るものだという風習があったようです。
しかし、成人式に参列するにあたり、結婚しているのかどうかなんて、証明することもしないわけですし、堂々と振袖を着て参加しました。
また、結婚式などでは、未婚の女性は振袖を着てましたが、既婚の女性は留袖を着て参加すると耳にしたことがあります。
既婚か未婚かで着物の種類が違うと聞いたのです。

見守る側からの成人式

成人式を見る人の立場からすると、振袖を着飾って街を歩く人を見るのは、とても晴れやかな気持ちになります。そして、自分の成人式の当時を思い返したりもします。
ある種の節目とも言える行事ではないでしょうか。そして、その成人式に出席するかどうか、また、出席するのなら着物を着ていくのかそれとも洋服で参加するのかなども、色々と、楽しみがあったのです。
女性は振袖を着ての参加が多かったようですが、必ずしも振袖ということでもなかったですね。
ただ、今のようにイベントが沢山あった時代でもなかったので、着飾って何処かに出かけることが少なかったのです。
なので、成人式に参加するということも一つのイベントとなって、若者の間では、貴重な行事でしたね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ