成人式も、一つの儀式なのよね。

>

装いで自己表現

自分のための服装

成人式に参列する時の写真を撮ったのですが、どこに行ったのでしょうか。あれほど、大切にしていたつもりなのにね。大切なものは時の経過とともに変化していくのですね。
成人式もそうです。これまでは、未成年として保護される立場であった人が、いろんな責任を伴う成人となるのです。そのことに相応する装いをすることが礼儀でもあるでしょう。
私個人の意見ですが、常識とマナーとは少し違うように感じるのです。
常識とは時代とともに変化していくことでもあると思いますが、マナーというか礼儀や作法は、周囲の人と価値観を共有することでもあると考えます。
その場に応じた装いで、周囲との折り合いをつけることでもあるのではないでしょうか。

見守る側として

年齢を重ねていくと、一年の経過も短く感じるものです。成人式も何回、見守ったことでしょう。街中で綺麗な振袖を目にする機会があると本当に嬉しいものです。
また気持ちも晴れやかになるものです。
その成人式のための振袖を用意するのも楽しみの一つです。
色々と吟味しての準備です。その準備も楽しみの一つですね、周囲の人からするとね。
そして、未婚の女性が着る振袖とは違い、留袖は結婚式などの場で、既婚女性が着る着物の種類だと母親から教わりました。それは参列者として。
それが正しいのかどうかは、わからないのですが、私の育った地域でのことです。
既婚か未婚かを一目でわかるような仕組みですね。これって、今の社会通念ではどうなんでしょうか。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ